安らぎの癒し系名言集(2 / 7ページ目)

畠山健二の名言「苦悩に対しては卑怯になること」

癒し・安らぎ
畠山健二

畠山健二(はたけやま けんじ/1957年8月24日-)は、東京都墨田区吾妻橋出身の小説家、コラムニスト。大学在学中に『ラブアタック!』(テレビ朝日系列全国ネット)に出演し、みじめアタッカーやキャンパスレポーターとして番組の常連になる。実家の鉄鋼会社で働きながら、漫才の台本を書きだし、1986年に台本・演出を担当した漫才が「第34回NHK漫才コンクール最優秀賞」を受賞。

柚木麻子の名言「忙しい毎日でもホッとできる瞬間を意識的に持つこと」

癒し・安らぎ
柚木麻子

柚木麻子(ゆずき あさこ/1981年8月2日-)は、東京都世田谷区出身の小説家。「柚木麻子」というのはペンネームであり、本名は非公開。立教大学文学部フランス文学科卒業後、製菓メーカーへの就職を経て、塾講師や契約社員などの職のかたわら小説の賞に応募し、2008年に第88回オール讀物新人賞を受賞。

あんり(ぼる塾)の名言「できたことを数えた方がいいよ」

癒し・安らぎ
あんり(ぼる塾)

あんり(1994年10月7日-)は、東京都江戸川区出身のお笑い芸人。女性お笑いカルテット「ぼる塾」(ぼるじゅく)のメンバーの一人。本名は、向後 あんり(こうご あんり)。「ぼる塾」ではツッコミを担当しており、ネタ作成を酒寄と共同で行っている。2014年に東京NSCに20期生として入学。2016年にきりやはるかと「しんぼる」を結成。2019年に「猫塾」と「しんぼる」の2組が合流しカルテット「ぼる塾」として正式に結成することを発表。

町田そのこの名言

癒し・安らぎ
町田そのこ

町田そのこ(まちだ そのこ/1980年3月9日-)は、福岡県出身の小説家。2016年に「カメルーンの青い魚」第15回女による女のためのR-18文学賞の大賞を受賞。2021年に「52ヘルツのクジラたち」で本屋大賞を受賞。

板橋興宗の名言

癒し・安らぎ
板橋興宗

板橋 興宗(いたばし こうしゅう/1927年5月20日-2020年7月5日/男性)は、宮城県多賀城市出身の僧侶(曹洞宗)、住職、著述家。東北大学文学部宗教学科を卒業後、渡辺玄宗禅師に師事して出家(總持寺で修行)。瑞洞院住職、總持寺単頭、總持寺祖院後堂、大乗寺山主を経て、1998年に總持寺貫首、曹洞宗管長に就任。

伊藤比呂美の名言

癒し・安らぎ
伊藤比呂美

伊藤比呂美(いとう ひろみ/955年9月13日-/女性)、東京都板橋区出身の詩人。青山学院大学文学部日本文学科在学中より阿部岩夫に学び、岩崎迪子らと詩誌『らんだむ』を創刊。1978年に第一詩集『草木の空』でデビュー。同年に第16回現代詩手帖賞を受賞。『姫』『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで80年代にかけての女性詩ブームを井坂洋子とともにリードし、女性による詩のイメージを革新した。

中元日芽香の名言

癒し・安らぎ
中元日芽香

中元日芽香(なかもと ひめか/1996年4月13日-/女性)は、広島県広島市出身の心理カウンセラー、元アイドル。乃木坂46の元メンバーとして知られる人物。妹はメタルダンス・ユニット「BABYMETAL」の中元すず香。愛称は「ひめたん」。小学生時代にアクターズスクール広島に加入。アイドルグループ『SPL∞ASH』のメンバーとしての活動を経て、2011年にアイドルグループ乃木坂46の1期生オーディションに合格。2012年に1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「失いたくないから」でCDデビュー。

高畑充希の名言

癒し・安らぎ
高畑充希

高畑充希(たかはた みつき/1991年12月14日-/女性)は、大阪府東大阪市出身の女優、歌手、タレント。2005年中学在学中に、ホリプロが創業45年を記念して主催する『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで主演の座を獲得し、シンデレラガールとして女優デビュー。2007年に東京の高校に進学し、本格的に女優活動を開始。2007年から2012年まで6年間にわたってミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を務めると、舞台『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』で次々に主演を務めた。

川野泰周の名言

癒し・安らぎ
川野泰周

川野 泰周(かわの たいしゅう/1980年-/男性)は、臨済宗建長寺派林香寺の住職。精神科医・心療内科医。神奈川県出身。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。

関連コンテンツ

ページの先頭へ